トップページ > 平成28年度 宗像医師会病院 病院指標

平成28年度 宗像医師会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

PDF平成29年度 病院情報の公表の集計条件等について


■共通集計条件

  • 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
  • 臓器移植(「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第72号)」に規定)は集計対象外
  • 医科保険診療のみの患者(治験・労災等は対象外)
  • 10未満の数値の場合は-(ハイフン)で表示
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 31人 43人 74人 122人 200人 517人 597人 633人 195人
当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しました。地域の高齢化に伴い、患者数は70歳代と80歳代にピークがあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
平均在院日数(自院)・・・ 退院患者在院日数
退院患者数

※「短期滞在手術等基本料3」対象患者は集計対象外

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等手術あり 処置等なし 副傷病なし 75人 11.81日 11.06日 1.33% 73.89歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等なし 57人 7.61日 5.50日 0.00% 56.05歳
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 処置等なし 42人 17.24日 17.77日 0.00% 67.79歳
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 処置等なし 副傷病なし 42人 8.67日 8.31日 0.00% 42.48歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等なし 副傷病なし 41人 28.20日 21.25日 21.95% 86.37歳
内科は胆管結石、胆管炎などの胆道疾患に対してERCP(内視鏡的逆行性胆管膵菅造影)、ERBD(内視鏡的逆行性胆管ドレナージ)、PTGBD(経皮的経肝胆道ドレナージ)等の処置を外科と共同で積極的に行なっており、症例数も増加しています。肺炎や誤嚥性肺炎などの呼吸器感染症や腸炎も多くみられます。SLE(全身性エリテマトーデス)、関節リウマチ、皮膚筋炎、強皮症、血管炎などの膠原病が多いことは、膠原病の診療に力を入れている当院の特徴の一つです。
外科
平均在院日数(自院)・・・ 退院患者在院日数
退院患者数
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等手術あり 処置等なし 副傷病なし 34人 6.85日 7.61日 0.00% 63.18歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置等なし 副傷病なし 24人 12.13日 9.08日 0.00% 72.33歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術あり 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 18人 7.22日 5.60日 0.00% 45.11歳
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 16人 12.88日 6.91日 0.00% 48.25歳
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等あり 処置等なし 16人 27.75日 17.65日 0.00% 74.44歳
外科は消化器の手術を主に行なっています。胆石性胆のう炎、消化管癌(大腸癌、胃癌など)、鼠径ヘルニア、虫垂炎の手術の多くは腹腔鏡を用いて行なっており、開腹手術より手術痕は小さく、術後疼痛が軽く、術後の回復の早さが特徴です。その他、肝胆膵、乳腺の癌の手術も行なっています。
腎臓内科
平均在院日数(自院)・・・ 退院患者在院日数
退院患者数
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎不全 手術なし 処置等なし 副傷病なし 34人 15.56日 12.84日 5.88% 78.12歳
110280xx02x00x 慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等の手術あり 処置等なし 副傷病なし 12人 17.17日 8.87日 0.00% 68.33歳
110280xx991x0x 慢性腎不全 手術なし 処置等あり 副傷病なし
110280xx02x1xx 慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等の手術あり 人工腎臓(その他)あり
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 処置等なし
腎臓内科は慢性腎不全に関連した入院が多く、透析に関連した手術も行なっています。透析を回避・先送りするための教育入院にも力を入れています。
放射線科
平均在院日数(自院)・・・ 退院患者在院日数
退院患者数
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術あり 処置等なし 29人 8.62日 9.02日 3.45% 74.24歳
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術あり 副傷病なし 10人 5.10日 2.72日 0.00% 70.90歳
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 手術なし
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術あり
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術等あり
放射線科は胃や大腸のポリープ、癌の内視鏡治療を精力的に行なっています。特に癌の治療法については外科医、腫瘍内科医と共同で治療方針を決めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
※Stege「0」は対象外
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34人 10人 49人 1 7
大腸癌 23人 25人 1 7
乳癌 17人 12人 1 7
肺癌 18人 1 7
肝癌 14人 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌を中心に乳癌や肝癌の診断、治療に取り組んでいます。当院では肺癌の治療を行なっておらず、肺癌で入院する患者さんは主に緩和ケア目的です。このため肺癌はstageⅣの患者さんが大部分を占めることとなりました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
平均在院日数・・・ 退院患者在院日数
退院患者数
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 72人 10.18日 57.17%
中等症 99人 16.93日 78.01%
重症 15人 24.07日 87.53%
超重症
不明
重症度分類は、日本呼吸器学会のA-DROPシステムを用いています。
当院の成人市中肺炎の患者さんの多くは軽症~中等症でした。

<重症度分類 A-DROPシステム>
日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」

【軽  症】 下記項目のいずれも該当しない
【中等症】 下記項目のうち、1つ又は2つが該当
【重  症】 下記項目のうち、3つが該当
【超重症】 下記項目のうち、4つ~5つが該当

※ショックがある場合は1項目のみでも超壱重症(score 4 or 5に相当)

  • 男性:70歳以上、女性:75歳以上
  • BUN 21mg/dl 以上または脱水あり
  • SpO2 90%以下(PaO2)< 60Torr)※room air
  • 意識障害あり
  • SBP(収縮期血圧)< 90mmHg
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院では脳梗塞の急性期治療(血栓溶解療法など)を行なっていないため、脳梗塞患者さんの入院はほとんどありません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58人 1.84日 14.16日 1.72% 73.91歳
K654 内視鏡的消化管止血術 19人 8.89日 16.11日 15.79% 77.63歳
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 10人 6.00日 17.50日 10.00% 84.00歳
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 10人 0.20日 20.60日 10.00% 74.70歳
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
内科では、総胆管結石や胆管癌などに対する内視鏡的処置、消化管出血に対する内視鏡的止血術、ペースメーカー植え込み術などを行なっています。
平均術前日数 ・・・ 入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
平均術後日数 ・・・ 主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までの日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39人 1.46日 4.90日 0.00% 62.13歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29人 1.59日 3.69日 0.00% 65.28歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24人 8.25日 25.71日 0.00% 68.04歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 16人 0.75日 5.50日 0.00% 44.00歳
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 16人 1.00日 3.94日 0.00% 61.06歳
外科では腹腔鏡を用いて、大腸癌をはじめとする消化器癌の手術、胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア手術などを行なっています。
平均術前日数 ・・・ 入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
平均術後日数 ・・・ 主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までの日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 51人 0.00日 0.55日 0.00% 76.20歳
K610-3 内シャント設置術 29人 6.21日 11.52日 3.45% 71.28歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13人 1.85日 3.38日 0.00% 64.92歳
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10人 8.90日 29.20日 40.00% 76.00歳
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
腎臓内科では血液透析に関連した内シャント設置術やシャント狭窄・閉塞に対するシャント拡張術・血栓除去術などを行なっています。
また、腹膜透析のためのカテーテル留置術も行なっています。
平均術前日数 ・・・ 入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
平均術後日数 ・・・ 主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までの日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 296人 0.08日 2.03日 0.00% 68.32歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 29人 1.00日 6.62日 3.45% 74.24歳
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 16人 0.19日 2.13日 0.00% 66.56歳
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他)
放射線科では大腸ポリープは3日間、早期胃癌の内視鏡的な切除術は7日間程度の入院で行なっています。
平均術前日数 ・・・ 入院日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
平均術後日数 ・・・ 主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)退院日までの日数の合計
主たる手術を受けた退院患者数
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 22 0.83%
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症
(透析シャント狭窄、閉塞など)
同一 79 2.99%
異なる
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症はごく少数の症例しかありませんでした。手術・処置等の合併症の大部分は透析患者さんのシャント狭窄やシャント閉塞でした。
更新履歴
2017年9月29日
宗像医師会病院 病院指標公開