トップページ > 病院の概要 > 病院の理念・基本方針

病院概要

病院の理念・基本方針

宗像医師会病院の理念

慈愛の心をはぐくみ、あたたかい、たしかな地域医療をめざします

宗像医師会病院の基本方針

  • 私たちは、地域の皆さまのために、地域医療機関との緊密な連携のもと
    最良の医療・保健サービスを提供するように努めます。
  • 私たちは、受診された方の人間的尊厳と個人としての権利を尊重し、
    心のこもった安全な医療を提供するように努めます。
  • 私たちは、新しい医療技術の導入と技能の向上に常に努めます。
  • 私たちは、自己満足に陥ることなく業務改善を進めます。
  • 私たちは、健全な病院経営を行います。

患者さんの権利

  • 人間的尊厳の尊重
    皆様の生命・身体・人格を最大限尊重される権利があります。
  • 知る権利
    適切な医療を平等に受ける権利、ご自身の病状を理解するために、必要かつ充分な情報を知る権利があります。
  • 自己決定権
    治療方法や診療計画などについて、自らの意志で選択・決定する権利があります。
  • セカンドオピニオン
    診断や治療方針について他に意見を求めたい場合は、セカンドオピニオン制度を利用することができます。
  • プライバシーを守る権利
    自分の診療に関する記録などの情報を得る権利があるとともに、個人の秘密や、医療に関する個人情報が厳重に守られ、私的な事柄について他から干渉されない権利があります。

患者さんへのお願い

良質で安全かつ効率的な医療の提供を実施するために、皆様には次のことをお願いいたします。


  • 医師をはじめ医療従事者と協力し、自分自身の健康維持に努める責任があります。ご自身の体調の変化は、速やかに正確にお知らせください。
  • 健康・疾病に関する正しい情報を得るための医療行為(検査・治療)は、充分な理解と合意の上でご参加ください。
  • 他の患者さんへの診療や職員の業務に支障をきたさないためのご協力をお願いいたします。
  • 適切に療養していただくため、止むを得ない制約を受けることがありますので、ご理解とご協力をお願いいいたします。

輸血拒否に対する当院の基本方針

宗像医師会病院では宗教上の理由などで輸血を希望されない患者さんに対して相対的無輸血の基本方針をとっております。


  1. 輸血を行わないためのできる限りの努力はいたしますが、生命に危機が及び、輸血を行うことによって死亡の危険が回避できる可能性があると判断した場合は輸血を行います。輸血以外に救命の手段がないと判断される緊急の場合、「輸血同意書」が得られなくても輸血を行います。
     
  2. 相対的無輸血の方針に従って頂けない患者さんには、転院あるいは他院での治療をお勧めします。特に観血的な処置を行なう予定がある場合(手術、内視鏡的インターベンション、血管造影、腎生検など)や造血機能低下をきたす可能性が高い治療を行なう場合(抗がん剤治療など)に、必要時に輸血を実施することに同意いただけない患者さんには、他院での治療をお勧めします。
     
  3. いかなる場合も絶対的無輸血は施行いたしません。
     
  4. 免責証明書などの絶対的無輸血に同意する内容の書類には署名しません。
     
  5. 以上の方針は、患者さんの意識の有無、自己決定権の有無、成年・未成年の別にかかわらず適用致します。
    (自己決定が可能な患者、保護者又は代理人に対しては、当院の方針を十分に説明し理解を得るよう努力致します。)
     

 絶対的無輸血

患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

 相対的無輸血

患者さんの意思を尊重し、可能な限り無輸血治療を行なうに努力しますが、「輸血以外に救命手段がない」事態に陥った場合には輸血をするという立場・考え方。



診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)