トップページ > 診療・各部門の紹介 > 看護部 > 看護部長

診療・各部門の紹介

看護部

看護部長:
今村 朋子
 

私たち宗像医師会病院看護部は、地域のみなさんに安全で安心な医療が提供できるよう、看護職員一人ひとりのレベルアップに努め、ご来院いただいた患者さん、お一人おひとりの心を大切に、常に患者さんとそのご家族を理解することに努め、患者さんと同じ目線で看護できることを目指しております。

本院の教育体制は、看護職キャリア開発ラダーを導入し、新人看護師を育てること、中堅看護師の自主的な教育活動をサポートすることを重視しています。看護師は殆どが女性であり結婚、出産、育児と看護職人生の中で大きな節目があります。このような中でも、個人の生活リズムに合わせ自分自身のキャリアアップができ、働き続けられるように職場環境を整え、その中で、生きがいとやりがいが持てるように支援していきたいと思います。また、病院に隣接している宗像医師会「訪問看護ステーション」や「介護老人保健施設よつづか」などの関連施設と協力・連携を図りながら、患者さんが安心して療養生活がおくれるよう退院支援に向けて継続性のある看護をめざしております。

看護部の理念

私たちは思いやりを持って、安全で安心できる看護を提供します。

看護部の方針

  1. 患者・家族の身になって、思いやりのある安全な質の高い看護の提供に努めます。
  2. 地域医療連携の充実を図り、継続性のある看護を行うように努めます。
  3. 看護専門職として、常に学習を継続し自己研鑽に努めます。
  4. 業務改善への推進に努め、病院経営に参画します。

看護部の概要

看護単位 10単位(病棟6単位・外来診療・腎センター・手術・検査・健診センター)
職員数 看護部長(1名)看護師長(7名)主任(10名)
副主任(12名)看護師(113名)保健師(2名)看護助手(25名)クラーク(8名)
看護体制 入院基本料7:1・急性期看護補助加算体制25:1
看護方式 固定チームナーシング、チームナーシング、プライマリーケア
夜勤 2交替・3交替選択制

看護部委員会組織図


委員会名 活動内容
看護師長会 看護管理に関する重要事項の協議・看護部門の運営
主任会 看護部内の教育企画・運営に携わる看護業務全般に関する検討
副主任会 看護業務基準マニュアルの検討及びラダー研修の運営
キャリア開発委員会 教育プログラムの評価・決定及びラダー認定の監査・実施改定を行う
  1. 新入看護職員教育小委員会:新人看護職員の教育プログラム作成・運営・評価
  2. ラダー教育小委員会:ラダーレベル1以上の研修運営
  3. 看護補助者教育小委員会:助手ラダー作成・運用
看護基準委員会 看護基準マニュアルの検討、充実、看護業務検討・改善
(平成28年度より一時停止)
看護記録(必要度)委員会 看護記録マニュアルの検討・改善・記録監査および評価者の育成と評価に必要な記録の整備
看護倫理委員会 倫理に対する方針と体制作りを検討する
院内感染対策リンクナース会 院内感染防止と衛生管理の徹底と普及
看護部セーフティーマネジメント部会 医療事故防止に関する情報分析と実践活動
看護業務改善委員会 看護業務調査を行いながら業務の効率化・省力化を検討
(平成28年度より一時停止)
看護部緩和ケア委員会 緩和ケアの教育と実践
看護部在宅療養支援委員会 在宅療養における継続看護の実践と教育
実習指導者会 実習に関して学校と連絡・協議、実習指導全般の調整
看護助手会 看護補助業務に関する連絡・教育
クラーク会 病棟クラーク業務に関する連絡・教育

当院のスペシャリスト紹介

  • 栄養サポートチーム専門療法士
  • 日本糖尿病療法指導士
  • 介護支援専門員
  • 福岡県災害支援ナース
  • 透析療法指導看護師
  • 透析技術認定士
  • 腹膜透析指導看護師
  • 消化器内視鏡技師
  • 人間ドック健診食生活改善指導士
  • リウマチケア看護師
  • 認知症ケア専門士
  • 第2種滅菌技師
  • BLS・ACLSインストラクター
  • BLSヘルスケア・ACLSプロバイダー
  • 臨床心理士
  • JNTECプロバイダー

看護部教育・研修

看護部では、平成23年度よりキャリア開発ラダーを導入し、看護師個々の臨床実践能力をラダーレベル別に評価し、質的向上と専門職としての役割が高められるように支援体制を強化しています。また、病棟単位の勉強会では、看護部全体に呼びかけ、各病棟ごとの専門的な知識や特性など情報や学びを共有しています.また、新人看護師の教育は、「プリセプターシップ・チーム支援」を整え1人の新人看護師に1人の実地指導者(プリセプター)がマンツーマンで一定期間、臨床の教育を担当します。

院内教育においては、医療安全、院内感染対策、褥瘡対策、クリニカルパス、接遇、TQM大会、など定期的に全職員を対象に研修会を実施し、常に新しい医療技術の導入と技能の向上に努めております。院外教育については、研修会参加、認定看護師、実習指導者講習会、看護管理者研修等への参加に対して支援をしています。


平成29年度看護学校実習生受入状況(延べ人数)

宗像看護専門学校 982人
日本赤十字九州国際看護大学 83人
純真学園大学 57人
1,122人

教育目標・方針

教育目的

地域社会の期待する医療・看護を目指し、専門職業人として、高い臨床実践能力と倫理観を備え医療チームの一員として主体的に学習することができる看護師を育成する。


教育方針

I.主体的に学びを深め、自己のキャリア開発ができる看護職員を育成します。

  1. フレッシュレベル(新人看護職員)教育では当院の「新入看護職員教育計画書」に沿って、実地指導者が一定期間教育を担当します。現場でのOJTや集合教育を基盤にチーム全体で新人看護職員を支援します。
  2. クリニカルラダー、レベル1・2では、院内教育プログラムに沿った教育に加え、自主的な院外研修への参加も支援します。
  3. クリニカルラダー3以降では院内外において学ぶ機会を自主的に選択し、学習を重ねる事を支援します。

II.看護の倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備え、地域に貢献できる看護職を育成します。

  1. 患者さんの人権を尊重し、思いやりを持ち、倫理観に基づいた看護を提供できる看護職員を育成します。
  2. 地域支援病院として、地域の期待に応えることができる看護職員を育成します。

III.学生や新入看護職員に対して、指導的・教育的役割をはたすことができる看護職員を育成します。

  1. 病院全体で学生や新入看護職員を支援し、周りの全職員が共に支え合い、成長することを目指します。

平成24年1月 改正

福利厚生

子育て支援の一環として、院内保育園(なかよし保育園)を設置し、365日開園しています。夜間保育も週2回実施しています。また、病後児保育室(すくすくくらぶ)では、地域住民の方や職員を対象に、病気回復のお子様を一時的預かり保護者の子育てと就労の両立を支援しています。

短時間正職員制度

仕事も生活も充実させるために職場でできるサポートとして、短時間正職員制度を平成22年4月より実施しています。(通常のパートタイマーと異なり、正職員に近い雇用形態です。)

つくし会

当院には、宗像医師会関連施設として「訪問看護ステーション」や「介護老人保健施設」などの職員相互の親睦を図る組織「つくし会」があり、毎年、歓迎会、忘年会、ボーリング大会、職員旅行など催しが計画されています。更に、5年毎に海外旅行の企画もあり、平成28年度は、スペイン、ハワイ等でした。


PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。

診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)