トップページ > 診療・各部門の紹介 > 企画情報管理室

診療・各部門の紹介

企画情報管理室

 

室長:
小斉 勉
医療情報技師:
2名(役職者含む)
 
  主たる業務 担当 具体的内容
1 病院内のICT管理・運用とシステム構築・導入 小斉
杉田
HIS(病院情報システム)の管理・運用
2 病院機能評価認定維持と更新 小斉 3rdG:Ver.1.0の認定維持


業務の各々について概略説明します。

病院内のICT管理・運用と最新システムの構築


  1. 病院情報システム(HIS、オーダリングシステム、PACS)、部門業務システム等情報システム全般の管理・運用を担っております。
1. 情報システムは病院にとって重要なインフラです。このため情報システム委員会を組織し、専門の知識と技能を有する SE(情報処理技術者・医療情報技師)を中心に患者さんにとって大切な医療情報を安全かつ適切に運用・管理しています。
2. 医師をはじめ全ての職員にとって信頼できるICT(情報通信技術)の構築を目指し、セキュリテイシステムにより保護された医療情報の共有化も実現しています。また職員研修や院外(専門学校)からの実習生受入れなど、情報リテラシー教育(下記写真)も積極的に行っています。

  1. HIS・病院情報システム導入について
1. 第1期稼働状況
(1)処方、注射、検体検査、移動・給食
(2)退院サマリ等ドキュメント管理システム
(3)医療安全管理システム(SafeMaster)
(4)オーダリング、部門システム連携・・・検査、薬剤、給食、医事会計(DPC)
(5)HIS・PACS導入に伴うLAN(病院内ローカルエリアネットワーク)の再構築
→HIS系とインターネット系のLANの分離とセキュリティ対策
2. 第2期稼働状況
(1)腎・透析部門(一括オーダーの仕組み)
(2)放射線科、画像診断科予約(生理検査、内視鏡)
(3)看護支援業務(ワークシート、看護サマリ、看護勤務計画)
(4)手術予約オーダ、クリニカルパス(ミニパス)オーダ等

病院機能評価認定維持と更新


当院は平成15年にVer.3.1(区分:(2)一般A200床未満)で病院機能評価認定病院となりました。
その後、平成20年にVer.5.0(区分:(2)一般A200床未満)で認定更新を行い、平成25年に<3rdG:Ver.1.0 >一般病院1・審査体制区分2にて、2回目の更新を行いました。

病院機能評価推進委員会を中心に、院長を始め全員で、公益財団法人 日本医療機能評価機構の各々の病院にあるべき機能の評価項目をベ-スに、毎年改善計画を立案し、PDCAを回しながら改善活動を継続しております。


 

◎実習生の受入れが、KCS福岡情報専門学校の学校紹介パンフレットに掲載されました。

医療情報学科病院実習風景

実習生記念写真

画像診断科PACS見学

副院長講義

プログラミング演習

HIS操作説明

LANケーブル作成実習

 

スタッフの専門資格

名前 資格名 取得年月 認定主体
小斉勉 上級医療情報技師 H25.3 日本医療情報学会
第1種情報処理技術者 H12.6 経済産業省
杉田優介 医療情報技師 H21.11 日本医療情報学会
基本情報技術者 H21.5 経済産業省

  • 各部門・スタッフ紹介

  • 企画情報管理室


診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)