トップページ > 敷地内全面禁煙のお知らせ

敷地内全面禁煙のお知らせ

  急患センター・宗像医師会病院・よつづかの敷地内は平成21 年1 月より全面禁煙になりました。


最近、喫煙及び受動喫煙による健康への影響が広く認識され、公共施設内での禁煙化が推進されています。
また、健康増進法において、病院・学校など多数の者が利用する施設の管理者は受動喫煙を防止するための措置を講ずるよう努めなければならないと規定されています。

当施設においても、このような趣旨を踏まえて、現状、「施設内全面禁煙」としております。
しかしながら、受動喫煙の防止、また健康を預かる施設としての責任あるいは他の施設での取組み等勘案して、さらに1 歩踏み込み「敷地内全面禁煙」とすることとしました。

つきましては、患者さんをはじめ来院される皆様には趣旨をご理解のうえ敷地内禁煙にご協力くださるよう、よろしくお願い致します。
なお、禁煙を守っていただけない場合は、不本意ですが、退院を考えていただく場合もあります。


宗像医師会 会長 上田 寛
宗像医師会病院 院長 大塚 毅
介護保険老人施設 よつづか 施設長 日野 由和夫