トップページ > 外来のご案内 > 主な検査の説明 > 大腸X線検査

外来のご案内

主な検査の説明

大腸X線検査

肛門からチューブでバリウムと空気を注入し、大腸をX線で撮影する検査です。
検査時間は15~20分程度です。


  指示事項
(A)
検査3日前
検査2日前
*普段から便秘気味(毎日便が出ない)の人は2日間、下剤(1)白い錠剤2錠(ピコスルファートNa)を午後9時に飲んで下さい。
検査食は売店で購入できます。
(B)
検査前日
午前8時 朝食:消化の良い食事または検査食を食べて下さい。
正午 昼食:消化の良い食事または検査食を食べて下さい。
午後2時 コップ1杯(200ml)以上の水分をお飲み下さい。
午後3時 間食:消化の良い食事または検査食を食べて下さい。
午後4時 コップ1杯(200ml)以上の水分をお飲み下さい。
午後6時 夕食:消化の良い食事または検査食を食べて下さい。
午後7時 コップ1杯(200ml)以上の水分をお飲み下さい。
午後8時 液体の下剤(2)マグコロール250mlをお飲み下さい。
午後10時 下剤(2) ピンクの錠剤2錠(センノシド)、白い錠剤1錠(ピコスルファートNa)をコップ1杯の水でお飲み下さい。

【 消化の良いお食事の例 】

おかゆ(塩味)、豆腐(薬味なし)、食パン、具の入ってないスープ・うどん・そば

【 飲食できない物の例 】

牛乳・生クリーム・粉末クリームなどの乳製品、抹茶、キャラメル、やさい、きのこ類、海藻類、こんにゃく、豆類


  • 空腹に耐えられない方は、次のものを自由におとりください。
    水、お茶、スポーツドリンク、透明なジュース、砂糖入り紅茶・コーヒー(ミルクは不可)、サイダー、コーラ、 氷砂糖、透明なあめ玉
  • 水の飲み方が少ないと下剤が効きませんので、出来るだけ多目に飲んでください。
  • 水のような下痢便が出るのが普通です。下剤のためですので心配ありません。出来るだけ充分に排便してください。
  • 常用薬はお飲みください。

 検査費用の目安(※初診料等を含む)

  1割負担 3割負担
大腸X線検査 2,700円 8,100円

わからないことや心配なことがありましたら、医師や看護師に遠慮なくご相談下さい。

書類ダウンロード


お問い合わせ

宗像医師会病院 代表TEL:0940-37-1188


PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。

診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)