トップページ > 外来のご案内 > 主な検査の説明 > 大腸内視鏡検査

外来のご案内

主な検査の説明

大腸内視鏡検査


 食事

食事はできますが、消化の良いものを少なめに食べて下さい。
*海藻類(わかめ・ひじきなど)、きのこ類、タネのある果物は食べないで下さい。
夜9時以降は食べないで下さい。
夜間の水分補給を充分にして下さい。(牛乳は不可)


 下剤

夕方(18時) 夜(21時)
ピコスルファートNa1本をコップ2杯の水と一緒に飲みます。 センノシド2錠を飲みます。

下剤のため夜間お腹がゴロゴロしたり、腹痛をきたすことがあります。


 常用薬

いつも飲んでいる薬は、飲むことが出来ます。
血液の流れを良くする薬(バファリン、ワーファリン、パナルジンなど)
また糖尿病の薬をお飲みの方は、先生の指示に従ってください。


 食事・薬

食事はできません。水分補給を充分しましょう。
(砂糖入りの紅茶・コーヒー・スポーツドリンクなど。牛乳は不可)


 常用薬

血圧や心臓の薬は、早朝(6時ごろ)服用しましょう。
ただし、血液の流れを良くする薬(バファリン、ワーファリン、パナルジンなど)
また糖尿病のお薬をお飲みの方は、先生の指示に従って下さい。
現在服用中のお薬は必ずお持ちください。


8時30分に来院して下さい。
*ご高齢の方は、下着・ズボンなど汚されることもありますので、着替えをお持ち頂くとよろしいかと思います。


 前処理

検査着に着替え、腸管洗浄剤(マグコロールP等張液)1800ccを2時間かけて飲みます。
10~15分おきに10回位排便します。(必要に応じて浣腸などの追加処置を行う場合があります)
便が尿のような色(黄色水様便)になったら検査の準備完了です。


 検査

13時30分より検査を開始します。(検査の順番は便の出具合などを見て総合的に判断します。)
検査にかかる時間は、腸の長さ・走行などによりますが15~30分です。
必要に応じて組織検査を行います。
内視鏡の挿入が難しい場合や、必要に応じて大腸X線検査を追加することがあります。
*当院では鎮静剤は原則として使用しておりません。
*ポリープ切除は外来では行っていません。2泊3日の入院が必要です。


 検査後の注意

お腹の張った感じがある場合、排ガスと共に消失してきます。
便に血液が混じる事がありますが、少量であれば心配はいりません。
しかし、大量の出血や激しい痛みなどがある場合はすぐに連絡をしてください。
食事は普通どおりに出来ます。水分をいつもより多めにとりましょう。
検査を受け体力を消耗しています。家に帰ってゆっくり休養をとりましょう。
組織検査をされた方は、出血予防のために

  1. アルコール類は飲まないで下さい。
  2. 激しい運動は控えて下さい。
  3. 長時間の入浴は避けてください。

 検査費用の目安(※初診料等を含む)

  1割負担 3割負担
組織検査なし 2,500円 7,500円
組織検査あり 4,000円 12,000円
大腸X線検査追加 2,000円 6,000円

わからないことや心配なことがありましたら、医師や看護師に遠慮なくご相談下さい。

書類ダウンロード


お問い合わせ

宗像医師会病院 代表TEL:0940-37-1188


PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページからダウンロードしてください。

診療受付のご案内
  • 受付時間
    8:30~11:00
  • 診療時間
    9:00~17:00
  • 休診日
    土・日・祝日
    年末年始
    (12月30日から1月3日)
  • 面会時間
    14:00~20:00
    (休日 12:00~20:00)