トップページ > 臨床研究・治験 > 心不全医療の適正化に資するための全国規模データベースによるエビデンスの創出(JROADHF)

臨床研究・治験について

心不全医療の適正化に資するための全国規模データベースによるエビデンスの創出(JROADHF)

-研究の目的-

 人口の高齢化や高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に伴う冠動脈疾患の増加、さらに急性冠症候群に対する急性期治療成績の向上と普及に伴い、心不全患者が増加しています。今後ますます心不全患者は増加すると予想されており、わが国の疫学研究では、2030 年には心不全患者が130 万人を超えると予測されています。慢性心不全患者の多くは増悪による再入院を繰り返すため、医療上のみならず医療経済上の大きな課題としてとらえられています。このような傾向は、わが国を含む先進国ばかりでなく世界各国で懸念されており、「心不全パンデミック」として、その対策は喫緊の課題となっています。このような問題点を抱えている心不全診療に対して対策を講じるためには、現在の診療実態を、患者一人一人に提供されている医療の内容のみならず医療施設・地域ごとの視点から明らかにする必要があります。しかし、現状では基礎資料とすべき十分な全国規模の心不全医療データベースは存在しません。本研究の目標は、わが国の心不全の全国的な実態を反映するデータベースを構築し、その実態を明らかにするとともに医療の適切性を評価、患者さんの予後(入院や生存)を予測するための因子を同定することです。


-研究の対象者について-

 2013年1年間に日本循環器学会が指定する循環器専門研修施設・研修関連施設において心不全で入院・治療をされ、かつ「循環器疾患診療実態調査(JROAD)」で収集されたJROAD-DPCに登録された心不全患者。


-研究の方法について-

 この研究を行う際は、カルテおよびDPCデータより患者背景、検査結果、治療内容、退院後の転帰などの情報を取得します。取得した情報を分析し、心不全の医療の現状を明らかにするとともに生存や入院に関連する事項(生存や入院に何か影響するのか)を明らかにします。


-個人情報の取扱いについて-

 研究対象者の測定結果、カルテの情報をこの研究に使用する際には、研究対象者が特定できる情報を完全に削除して取り扱います。この研究の成果を発表したり、それを元に特許等の申請をしたりする場合にも、研究対象者が特定できる情報を使用することはありません。この研究によって取得した情報は、当院研究責任者 伊東裕幸の責任の下、厳重な管理を行います。
 カルテの情報を他施設へ送る際には、上記の処理をした後に行いますので、研究対象者を特定できる情報が外部に送られることはありません。


-情報の保管等について-

 この研究において得られた研究対象者のカルテの情報等は原則としてこの研究のために使用し、研究終了後は、九州大学大学院医学研究院循環器内科学分野において同分野教授・筒井裕之の責任の下、10年間保存した後、研究用の番号等を消去し、廃棄します。また、この研究で得られた研究対象者の試料や情報は、将来計画・実施される別の医学研究にとっても大変貴重なものとなる可能性があります。そこで、前述の期間を超えて保管し、将来新たに計画・実施される医学研究にも使用させていただきたいと考えています。その研究を行う場合には、改めてその研究計画を倫理審査委員会において審査し、承認された後に行います。


-研究に関する情報や個人情報の開示について-

 この研究に参加してくださった方々の個人情報の保護や、この研究の独創性の確保に支障がない範囲で、この研究の研究計画書や研究の方法に関する資料をご覧いただくことができます。資料の閲覧を希望される方は、ご連絡ください。


【問い合わせ先】

宗像医師会病院 内科 伊東裕幸

TEL:0940-37-1188  メールアドレス:ikyoku@munakata-med-hp.gr.jp

情報の公開:https://www.jroadhf.jp